今日からはじめよう家庭で出来る減災対策!

家庭で出来る減災対策とは?学び・習い・対策が最重要!

家庭での減災対策を「学ぶ、習い、対策」で始めよう!

減災対策でまずはじめに行う事は減災について「学ぶ」事です。 災害時に自分の住む場所ではどのような被害が予想されているかハザードマップで認識して、そして災害時の避難場所と避難経路を学びましょう。 そして、家族と災害時の対応と役割分担を話し合う事から家庭でできる減災対策が始まります。

減災対策は「学ぶ」事からはじめよう!

「地震、台風、津波、災害はつねにどこかで起こっているから、私も何かしないと不安なんだけど具体的に何をすればいいのかしら?」、「減災対策をしたいけどまず何からはじめればいいの?」、「避難場所と避難経路は知っているけどそれだけで安全に避難できるの?」、「家の中の減災対策は家具の転倒防止だけ良いの?」、自然災害の多い日本に住んでいる我々は災害に対して何かしければいけないという思いは常に持っているのですが、具体的に何をしたら良いかしっかりと認識していない方もおられると思います。
そこでこのサイトでは、災害時に被害を低減させる「減災対策」について「学ぶ」、「習う」、「対策」の観点でご紹介いたします。

まず減災対策として行うのは「学ぶ」事、あなたの住んでいる行政機関が作成したハザードマップで、あなたの住んでいる地域の災害時の被害予想を学び、それを元に家族と災害時の避難場所や役割分担について話し合う事についてご紹介いたします。

次の減災対策は「習う」事、つまり減災対策を体験してみる事です。
避難場所までの避難経路を実際に体験して迂回路や危険な場所を確認する事などと共に、災害時安全な場所を想定して非常持ち出し袋の置き場を決定する事をについてご紹介いたします。

そして減災対策の「対策」は、家庭や職場を災害時により安心な場所にする、家具の転倒防止方法や被災後の安心のための備蓄するべき物資についてご紹介いたします。

おすすめリンク

「習う」とは実際に体験してみる減災対策

減災対策の「習う」とは災害時を想定して、さまざまな「体験」をしてみる事です。 そこで減災の為に体験しておくべき事は、避難場所までの避難経路を実際に体験してみることでです。 実際に避難経路を体験すれば、経路の注意個所やう迂回路などを知る事が出来ます。

「対策」で安全と物資の用意をしよう!

減災対策の「対策」とは、主に減災の為に家庭や職場の安全性を高める事や被災後の生活のために物資を用意する事を推奨しています。 家庭や職場の安全性を高めるには、家具などの転倒防止が重要である事と非常持ち出し袋に入れておくべき物資をご紹介いたします。