今日からはじめよう家庭で出来る減災対策!

家庭で出来る減災対策とは?学び・習い・対策が最重要!

「対策」で安全と物資の用意をしよう!

命を守る転倒防止対策

地震が夜間に発生した場合、ベットや布団の近くの大型の家具が倒れてきて、ケガをしたり亡くなる事態が大きな地震の被害報告で必ず報告されます。
また、家具の下敷きにならなくても、家具が転倒したことで部屋に閉じ込められたり、食器棚が倒れて床にガラスや陶器の破片がまき散らされ、家から避難するときに足を怪我してしまう事も多いようです。

このような被害が多い事からも「家具の転倒防止」は生死を分ける対策とも言えます。
一番強力な転倒防止は、L字金具で家具と壁をネジやボルトで固定する方式ですが、賃貸物件で難しい場合、手軽なツッパリ棒を設置したり、食器棚などは扉が開かない様にする開閉防止器具を取り付けるだけでも大きな減災になります。

被災後の安心のための準備

日本は地震、台風などの自然災害が多いので、建物は自然災害に強いようにできていたり、洪水などに対して治水対策が出来ていますが、被災後の安心は各自が用意しなければなりません。

被災後の安心のためには品物を用意しておきましょう。
まず、被災時に持ち出す非常持ち出し袋は市販の物がありますが、それに加えて用意しておくものをカテゴリー別に紹介すると、貴重品は身分証明書や保険証のコピー、現金が必要です。
情報収集ではラジオ、乾電池、スマートフォンの予備のバッテリーなどがあれば問題ありません。
衣服としてはレインコート、軍手、長靴などがあれば被災地でも行動しやすくなります。
衛生面では、タオル、トイレットペーパーがあると重宝しますし、持病がある方は薬とお薬手帳も準備しておきましょう。

これらの物は一度に準備しなくてもよいので、確実に用意しておきましょう。


この記事をシェアする